首筋への負担を緩和させる|原因を把握していびき防止の対策をしよう【大きな病気に繋がる前に】
婦人

原因を把握していびき防止の対策をしよう【大きな病気に繋がる前に】

首筋への負担を緩和させる

眠る人

肩コリなどの原因

長時間事務的な仕事などをデスクでしながら、同じ姿勢を続けていると、首に痛みを覚えたり、肩にコリを感じるといった症状が出てきます。そのため、整骨院などでマッサージを受けてみたり、湿布薬を貼り付けたりして首筋の痛みの解消を試みても、一向に改善されないケースもあります。そんな場合、それらの症状は、デスクワークによるもの以外にも、睡眠時の枕が自分の首にフィットしていないことから生じている可能性もあります。一般的に睡眠時間は、約8時間ほどとられている方の割合が多くなっていますが、理想の枕を使用していなければ、その間首や肩にずっと負担がかかってしまう状態になっています。そのことから、就寝時に少しでも首筋に違和感があるのであれば、首や肩を楽に支えてくれる、理想の枕を新たに手に入れることを考えてみる必要があります。

体型に合ったものを選ぶ

おやすみになられているときに、首を支えてくれる枕が自分の体型に適したものでなければ、睡眠不足になるばかりか、寝不足からくる体調不良に陥ってしまうこともあります。ある日本国内の寝具メーカーの調査によれば、現在使用している枕が自分に合っているとしている方は5割強となっているのに対して、そうではないとしている方は、4割を超えています。したがって、約半数にもおよぶ理想の枕を使用していない方々には、早めに自分に合った新しい枕を購入して、熟睡を妨げられないようにすることが求められてきます。理想の枕を購入しようとする際には、自分の体型を把握した上で、その高さや固さに問題はないかどうかや、素材についてもこだわってみる必要があります。柔らかいものがお好みの場合であれば、羽毛や低反発のウレタン素材などでつくられた枕、固めのものを好むのであれば、そば殻やパイプ製などの枕を選ぶようにすれば、より安眠効果を得られます。